世界を旅する くろねこフィルム【脱サラカメラマンYüka】

ビデオカメラ一つで世界中を旅しながら生きる。そんな新しい生き方を目指して2016年35歳で会社を辞めました。映像のお仕事でどうやって世界を旅して生きていくのか?その過程を書き残します。雇われ仕事にちょっと疲れちゃった人にも読んで欲しいな。立ち上がれ!30代フリーランス!が合言葉。

【雑食な雑記】カラダメンテナンス テスト2日目

f:id:kuronekofilm:20170830054747j:image

今日も関係ないお写真。ママンがくれた多肉植物。ママンは多くのおばちゃん達同様、植物大好きで、家がジャングルみたいになってます(笑)

 

うぬぬ。こういうのってどうやったら面白く書けるんだろう?まあ、勉強も兼ねてやってみようと思います。

 

カラダメンテナンスをやろうと思い立って2日目。本スタートはキリよく9月からと思っているので今はテスト的にできるかどうか様子を見ています。

【雑食な雑記】36歳、カラダメンテナンス始めます。 - 自称フリーランスの「会社辞めてもなんとか生きてますよ」日記(仮)

 

 

 

2日目はいきなりの雇われ部門(バイト)がダブルでした。見に行きたいライブもあったのですが、バイトその2が終わらずライブは断念。

 

見たかったバンドbälls。bälls/One Hand Guitar

 

(だって、たくさん注文来てるのに全然処理されてないんだもん…15時〜18時の3時間で終わる量じゃなかった 笑)

 

黙々と働いて、家に帰ったのは20時過ぎ。労働時間は合計11時間(仕事バカ 笑) 。

足はパンパン、腕もパンパン、腰は痛いし、ものすごい疲労感でした。

 

足のマッサージやストレッチ、プランクもやろうと思ったのですが軽くストレッチするだけになりました。

 

実はバイトその2の途中から、なんとなく体調が怪しくなって来たのです…。昨日はワークショップでちびっ子がたくさん来ていたのですが、鼻水垂らした子や咳をしている子が何人かいたのです(いやいや…お母さん、風邪引いてるのに連れて来たらかわいそうじゃない…)。

 

風邪もらっちゃいましたね…

 

電車通勤なので日々手洗いとうがいを徹底しています。もちろん仕事場でも同様です。手洗いとうがいをちゃんとやるようになって5年以上は風邪ひいてません(鈍感なだけ?)

ただ、子供の風邪ってなんだか知らないけどスゲー強いんでしょうね。手洗いとうがいをしていても感染します(私だけ?!)。

 

仕事後半はフラフラしながらやってました(笑)手足や関節が痛くなって来て、コレはあかんと思いましたが仕事を片付けるまでは頑張りました。

 

風邪も疲労もそうなのですが、水分補給を怠るとなりやすいような気がします。できる限り意識をして水分を取るようにしていますが、仕事に集中すると忘れることが多いのです。

風邪菌が漂う中、水も飲まずに作業していたらそりゃ風邪ひくわ(笑)

 

しかも、作業途中にちびっ子の相手をしたり(お母さんたちはほったらかし…シッター代欲しいわ  笑)、大量の仕事に対して少なからずストレスを感じていたんでしょうね。ストレスが高まると免疫が下がるのかも。

 

フラフラしながら家路について、フラフラとチャリをこいで、なんとか家に着きました。

汗だくだったのですぐにシャワーして、家事をちょっとやって…

 

カラダメンテナンスは無理だ…(今日はテスト期間だからイイよね 笑)

 

という甘えのもと、軽くストレッチだけして寝ることにしました。

風邪引いてるっぽい時は薬を飲んで、とにかく厚着をして寝るのが私流対処法です。朝起きたら汗だくになっていますが、風邪菌と闘っている証拠だと思っています(笑)

 

ということで2日目は簡単なストレッチだけになってしまいました。やっぱり翌朝は体が重くてダルい。やっぱりちゃんとやらないとダメだな。

 

マッサージやストレッチやプランクなどのメンテナンスも大事ですが、水分補給とかストレス対策とかそういう面のメンテナンスも必要なのかもしれませんね。

 

それに気づけただけでも良しとしよう。

(カラダメンテナンス記事どころか、単なる風邪ひきネタになっちゃいましたね…。)

 

今日も雇われ部門頑張ります。カラダメンテナンスも今日はしっかりやってみよう。

 

【スポンサードリンク】

●運営者:Yüka●

笑顔を引き出す映像職人。
フリーランス2年生。
35歳で脱サラ。
なんのスキルもコネもないのにフリーランスの映像職人になりました。

●このサイトの考えかた●

最近「新しい働き方」が注目されています。若い世代はすでに適応し始めています。
その陰で戸惑っているのが私と同じ30代半ばからそれ以上の世代。
「どうせ若い世代だけの話でしょ?うちらはこのまま生きて行くしかないよね」と。

私がこのブログで伝えたいこと。それは

「生き方を変える」のは今からでも遅くないんです。

ということ。
私自身が35歳で安定した会社員生活を卒業し、
ずっとやりたかった映像制作のお仕事をフリーランスという形で始めています。
その様子をブログで綴りながら、

30代後半からでもできるかもしれない!


とみなさんに思っていただけたらいいなと思っています。