世界を旅する くろねこフィルム【脱サラカメラマンYüka】

ビデオカメラ一つで世界中を旅しながら生きる。そんな新しい生き方を目指して2016年35歳で会社を辞めました。映像のお仕事でどうやって世界を旅して生きていくのか?その過程を書き残します。雇われ仕事にちょっと疲れちゃった人にも読んで欲しいな。立ち上がれ!30代フリーランス!が合言葉。

【雑食な雑記】カラダメンテナンス テスト3日目

f:id:kuronekofilm:20170831045738j:image

今日も関係ないお写真。雇われ部門(バイト)その1の帰りになぜか「一駅分歩こう」と思い立ち、気温33度を超える快晴の昼に歩き出した時のもの。一駅分をナメてました(笑)駅の間隔が結構離れているエリアなので、約40分かかりました…。熱中症にならなくてよかった。

 

さて、カラダメンテナンスのテスト3日目の記録です。

 

3日目は雇われ部門(バイト)その1しかなかったので帰りは15時位でした。雨が降りそうだったので急いで食料を買い出しに行き、相方と一緒に「ダラス バイヤーズ クラブ」という映画をhuluで見て(すごくいい映画でした。感想はまた別の機会に。とにかく撮り方・演出が素晴らしい!役者さんの演技も。)、そういえばお昼を食べていなかったことに気がついてレトルトのソースをかけたペペロンチーノとサラダと椎茸のスープを食べました。

 

もうすでに、昼を食べていないというミスをしています(笑)職場で食べてから帰るのですが、昨日はゲリラ豪雨的な雰囲気だったので職場の人が仕事ついでに駅まで送ってくれたのです。車で食べようかとも思いましたがさすがにやめました(微妙なオトメゴコロ 笑)。

 

ペペロンチーノを食べ終えたあたりから、また体調が怪しくなってきました。

昨日から調子が悪かったのでペペロンチーノなんて刺激の強いものを食べなきゃ良いのに、食欲に負けました…。

そのせいか胃がすごぶる痛くなってきてさらに気持ちまで悪くなる始末。動けないくらい辛かったので胃薬を飲んでリビングで横になりました。それが18時。目覚めたら21時でした。

 

大急ぎでご飯を炊いたり洗濯物をたたんだりしました。胃が痛いとか気持ち悪いとかを気にしている場合ではなかったんです、今日も4時起きだから。

 

カラダメンテナンスは体調も悪いしやめておこうかなとも思ったのですが、ここはあえてしっかりやることにしました。

 

まずはストレッチで凝り固まった足腰を伸ばします。足は全体的に軽くマッサージ。

その後15分で自己流ヨガをやりました。

プランクもやろうとしたのですが、結構負荷がかかるようで痛みと気持ち悪さのある胃がもたなそうだったのでやめておきました。

 

そんなこんなで体調が悪い中でもカラダメンテナンスをしたおかげで体はスッキリしていますが、寝るのが遅くなってしまったので今朝はすごく眠いです。

 

うーん。やっぱり体調管理からしっかりやらないとですね。カラダメンテナンスしたくても体調が悪いとちゃんとできない。

体調が悪い原因は風邪っぽいのもありますが、多分塩分と水分の取りすぎ&冷たい飲み物に切り替えたことで体が冷えている事もあるような気がします。

 

多少暑くても水筒にお湯を入れて持ち歩いていました。それがさすがに暑すぎてスポーツドリンクを常温で作って水筒に入れて持っていくようになりました。職場で氷を入れて冷やして飲むようになってしまったのです。時にはスポーツドリンクを自販機で買ったり…

 

もともとお湯を飲む生活をしていたのに急に氷水を飲み出したら体が驚くのは当たり前ですよね。しかも熱中症予防にとスポーツドリンクを飲みつつ塩分もとったら塩分過剰です。

夏の暑さで体が弱っている上に体が冷えて胃腸の機能が落ちている時に塩分や刺激の強い食事をしたので胃腸が限界なんですね。

 

食べたいものを食べたいだけ食べてしまうので時々こういうことが起こります(笑)

 

カラダメンテナンスに加えて体調管理と食事管理もしないとですね。

 

あ、全部だわ(笑)

 

ということで、9月からカラダメンテナンス(トータル)をしていこうと思います。食事管理と規則正しい生活で体調を管理しつつマッサージやストレッチ・プランクで体を作っていきます。

 

テスト期間を設けてよかった。

できるかわからないけど、フリーランスは体調不良で休めないですからね。1人しかいないから寝込んだら収入0になります(笑)

 

さて今日も雇われ部門頑張ります。

 

 

 

【スポンサードリンク】

●運営者:Yüka●

笑顔を引き出す映像職人。
フリーランス2年生。
35歳で脱サラ。
なんのスキルもコネもないのにフリーランスの映像職人になりました。

●このサイトの考えかた●

最近「新しい働き方」が注目されています。若い世代はすでに適応し始めています。
その陰で戸惑っているのが私と同じ30代半ばからそれ以上の世代。
「どうせ若い世代だけの話でしょ?うちらはこのまま生きて行くしかないよね」と。

私がこのブログで伝えたいこと。それは

「生き方を変える」のは今からでも遅くないんです。

ということ。
私自身が35歳で安定した会社員生活を卒業し、
ずっとやりたかった映像制作のお仕事をフリーランスという形で始めています。
その様子をブログで綴りながら、

30代後半からでもできるかもしれない!


とみなさんに思っていただけたらいいなと思っています。