世界を旅する くろねこフィルム【脱サラカメラマンYüka】

ビデオカメラ一つで世界中を旅しながら生きる。そんな新しい生き方を目指して2016年35歳で会社を辞めました。映像のお仕事でどうやって世界を旅して生きていくのか?その過程を書き残します。雇われ仕事にちょっと疲れちゃった人にも読んで欲しいな。立ち上がれ!30代フリーランス!が合言葉。

2017-07-11から1日間の記事一覧

【雑食な雑記】生活スタイルをちょっとだけ見直してみようと思った理由(切実)

先週の土曜日の朝ごはんに作った豚こまとブナシメジのチーズクリームパスタ(朝からパスタが食べたかったのです 笑)。チーズが濃厚でうまかったっす。 今日も大幅に「マイインターネットルール(インターネットは19時まで)」を超えておりますが、まだパソ…

【雑食な雑記】暮らしと気持ちが充実していれば朝もスッキリ起きられる説

昨日のフリーランス映像部門のお仕事場所はリビングの窓の前に設置しました。リビングテーブルをサブデスクっぽく使えるのでなかなか良い場所かもしれません。相方とお昼を食べる時間になったらデスクをそのまま左側の壁に移動すればOK。お日様が明るくて気…

【スポンサードリンク】

●運営者:Yüka●

笑顔を引き出す映像職人。
フリーランス2年生。
35歳で脱サラ。
なんのスキルもコネもないのにフリーランスの映像職人になりました。

●このサイトの考えかた●

最近「新しい働き方」が注目されています。若い世代はすでに適応し始めています。
その陰で戸惑っているのが私と同じ30代半ばからそれ以上の世代。
「どうせ若い世代だけの話でしょ?うちらはこのまま生きて行くしかないよね」と。

私がこのブログで伝えたいこと。それは

「生き方を変える」のは今からでも遅くないんです。

ということ。
私自身が35歳で安定した会社員生活を卒業し、
ずっとやりたかった映像制作のお仕事をフリーランスという形で始めています。
その様子をブログで綴りながら、

30代後半からでもできるかもしれない!


とみなさんに思っていただけたらいいなと思っています。