世界を旅する くろねこフィルム【脱サラカメラマンYüka】

ビデオカメラ一つで世界中を旅しながら生きる。そんな新しい生き方を目指して2016年35歳で会社を辞めました。映像のお仕事でどうやって世界を旅して生きていくのか?その過程を書き残します。雇われ仕事にちょっと疲れちゃった人にも読んで欲しいな。立ち上がれ!30代フリーランス!が合言葉。

【2019年元旦】新年のご挨拶

f:id:kuronekofilm:20190101233019j:image

毎年母が送ってくれるおせちセットを大皿に並べた図。母に感謝。

 

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

フリーランス3年目に入りました。今年はさらに飛躍するため色々と頑張っていこうと思います。

 

今年は映像、特に編集スキルをアップさせるべく動いていきます。早速編集のお仕事を増やしてみました。

3が日はゆっくり休みますが、4日から編集精度だけでなくスキルやスピードもアップできるように日々研究と実践をしていきます。

色々な種類の動画編集をする事で私の関わっている仕事やプロジェクトに生かしていくこともまた目的でもあります。

 

編集のスキルを上げれば、より「世界中どこでも働き、生きる」の目標に近づくことができます。そのために持ち歩き用のMacbookも動画編集できる環境を整えています。

 

と、まあ今日はまだ元日で自分の中では「お休み」なので何かをするわけでなく友人たちと食事していました。皆さんお酒をたくさん飲むので時間が長い(笑)15時から22時まであーでもないこーでもないとたくさんの話をしました。

 

2019年はどういう年にしていくか、後2日間ゆっくり考えようと思います。

 

初詣はまだいってません。家の目の前の神社は大晦日から元日まで混雑するのを知っているので、神様には申し訳ないですが一足先に29日の夜中に1年締めくくりのご挨拶をしてきました。今年1年最初のご挨拶は3が日中に行きたいと思います。

毎月ご挨拶に行っているので、日にちをずらしても怒られないかな?と(笑)

 

今年も30代デビューフリーランスの現実をゆるーりお伝えしていきますので、楽しんでいただければと思います。

 

2019年も良い年にしていきましょう!

【スポンサードリンク】

●運営者:Yüka●

笑顔を引き出す映像職人。
フリーランス2年生。
35歳で脱サラ。
なんのスキルもコネもないのにフリーランスの映像職人になりました。

●このサイトの考えかた●

最近「新しい働き方」が注目されています。若い世代はすでに適応し始めています。
その陰で戸惑っているのが私と同じ30代半ばからそれ以上の世代。
「どうせ若い世代だけの話でしょ?うちらはこのまま生きて行くしかないよね」と。

私がこのブログで伝えたいこと。それは

「生き方を変える」のは今からでも遅くないんです。

ということ。
私自身が35歳で安定した会社員生活を卒業し、
ずっとやりたかった映像制作のお仕事をフリーランスという形で始めています。
その様子をブログで綴りながら、

30代後半からでもできるかもしれない!


とみなさんに思っていただけたらいいなと思っています。