世界を旅する くろねこフィルム【脱サラカメラマンYüka】

ビデオカメラ一つで世界中を旅しながら生きる。そんな新しい生き方を目指して2016年35歳で会社を辞めました。映像のお仕事でどうやって世界を旅して生きていくのか?その過程を書き残します。雇われ仕事にちょっと疲れちゃった人にも読んで欲しいな。立ち上がれ!30代フリーランス!が合言葉。

【雑食な雑記】完全に機を逃したって話(私には良くあること)

f:id:kuronekofilm:20170912211343j:plain

なんか「それっぽい」お写真(笑)

ビール飲みませんけどね。こういうパーツが好きなんです。

あ、でもちょっと暗すぎたかな。

今日も関係ないお写真です。

 

私はパッと決断してパッと動けない性格なので、たびたび機会を逃して後で「もっと早く動いていれば」と思うことが多々あるのです。

 

今回は「Macbook買おうと思ったのに完全に機を逃した」っていうお話。

 

 

Macbook(ほしい)おばさん」な私ですが、覚悟を決めて買うことにしたのです。先日別の用事で行った銀座でもアップルストアに入って実機を触ったりスタッフさんにプレミアプロを動かしたいからどれにすれば良いか等問い合わせたりして、もう買う気満々だったわけです。

スタッフさんにも「今なら金利0%キャンペーンもやってます」と聞いてますますいいタイミングだと思っておりました。

 

今日は早朝から雇われ部門(バイト)その1があって、そのままその2もあるダブルワークの日だったので早朝からスマホでちょいちょいアップルストアをチェックしておりました。

そしたらなんと!金利0%キャンペーンは今日12日までだったのです!

こりゃ今日中に買わなくてはと思い2つの雇われ部門をこなし、家に帰ってきてアップルストアへ行くと・・・

 

f:id:kuronekofilm:20170912212706j:plain

 

あちゃー。

タイミング悪く、今日はアップルからの大事なお知らせの日だったんですね…。

商品を見ることはできても購入はできない状態になってしまいました。

 

買うぞ!と覚悟を決めたのに…

昨日の内に買っておけば良かったのに…

今朝、相方に「買うよ!」って報告したばかりなのに…

ママンにもお金を借りるつもり満々だったのに…

 

わたくし、こういうこと良くあるんですよね。

パッと決めて行動すればいいのに、お金は大丈夫かとか、本当に使いこなせるのかとか、相方は何て言うだろうとか、なんやかんやで行動せずバシっと決断した時には「時すでに遅し」になっているんです。

慎重なことはある場面では重要なのだと思いますが、今回は結局買うんだから悩まなければ良かった。

 

今回の「躊躇ポイント」は

フリーランス生活に入ってまだ安定もしていないのにこんな高額な物を買って良いのか?という疑問

Macbookを買ってもちゃんと使いこなしてお金を稼げるようになれるのか?

・相方はどう思うのだろう?

・本当にMacbookでやりたいことができるのだろうか?

 

そんなこと後から考えればいいことなのに、何週間も悩み続けました。

その結果が「買えなかった…」なのです。

 

もうそれが嫌だからフリーランスになって、いつでも思い立ったら行動できるスタイルにしたにも関わらず一番大事な物を逃してしまったようです。

クラウドファウンディングで支援したリュックや行ってみたかったワークショップに予約したことなんて大したことじゃない。一番今後につながるものはMacbookだったのに。

 

なんか、機を逃したと思ったら逆に気が楽になってきました。

もうちょっと考えてからにすれば?ってことなのかもしれません。

 

Macbookで何をしたかったか見直してみると…

・出先で急な編集案件に対応したい

・待ち時間が長い時などに編集等を行いたい

・思いついたときにブログを書きたい

・プログラミングの勉強とかもしたい

 

映像の編集作業以外についてはスマホでだってできるのに結局今はすべてできている訳じゃない。映像の編集も結局は家でも大してできていない。ブログもサボってる。

 

こんな状況だとMacbookを手に入れたところで大したことができないんじゃないか?そう思いだしました。

確かに持ち運びできる軽さで映像編集がある程度できたらすごく仕事がはかどります。とにかく電車での移動が往復3時間くらいあるのでそこを有効活用したいということからMacbookにターゲットを絞ったのです。

でも現状は、電車移動=ほとんどお昼寝状態。

 

こんな状況でいつMacbookを開くんだろう?

手に入れれば嫌でも開いて作業するかな?

ブログやライティングの執筆を少しでもするようになるかな?

 

今回はもうちょっと良く考えてからにすれば?という何かの啓示なのかもしれませんね。変なタイミングで神社参りをしたからかもしれません。

 

やっぱりちょっと考えてみようと思います。

でももう機を逃す生活はしたくないのです。

思いついたらお金とか人だとかは気にせず行動してみようと思います。

 

●運営者:Yüka●

笑顔を引き出す映像職人。
フリーランス2年生。
35歳で脱サラ。
なんのスキルもコネもないのにフリーランスの映像職人になりました。

●このサイトの考えかた●

最近「新しい働き方」が注目されています。若い世代はすでに適応し始めています。
その陰で戸惑っているのが私と同じ30代半ばからそれ以上の世代。
「どうせ若い世代だけの話でしょ?うちらはこのまま生きて行くしかないよね」と。

私がこのブログで伝えたいこと。それは

「生き方を変える」のは今からでも遅くないんです。

ということ。
私自身が35歳で安定した会社員生活を卒業し、
ずっとやりたかった映像制作のお仕事をフリーランスという形で始めています。
その様子をブログで綴りながら、

30代後半からでもできるかもしれない!


とみなさんに思っていただけたらいいなと思っています。