世界を旅する くろねこフィルム【脱サラカメラマンYüka】

ビデオカメラ一つで世界中を旅しながら生きる。そんな新しい生き方を目指して2016年35歳で会社を辞めました。映像のお仕事でどうやって世界を旅して生きていくのか?その過程を書き残します。雇われ仕事にちょっと疲れちゃった人にも読んで欲しいな。立ち上がれ!30代フリーランス!が合言葉。

【雑食な雑記】なんて不定期なブログなんだ…。

f:id:kuronekofilm:20190309202722p:image

最近ハマりつつあるフィンランドのメタルバンドKorpiklaaniコルピクラーニ)。

正確にはフォークメタルというらしいけど、「森メタル」のほうがしっくり来る。

 

今月に入ってから、とても沢山の人が見にきてくれてます。多分mybluの(つたなすぎて泣ける)記事を読んでくださっていると思うのですが、

【雑食な雑記】 タバコ吸わない私がmyblu買ってみたのでレビューします!(ケース・持ち運びのポイントについて追記あり) - 世界を旅する くろねこフィルム【脱サラカメラマンYüka】

 

こんなに沢山の人が見にきてくれてるのに、全然記事を更新してない…。

申し訳ない。

他の記事も面白いの書いてるのに、これじゃいつまでたっても読んでもらえない…。

(これで食べているわけではないので、焦っていませんがそれが逆にブログの成長を妨げているのかも。もう2年くらいは経ってますが、記事数も伸びてないしまとまりも悪い。)

 

私の性格的に調子がいいというか、なんというか。

ページビュー数が増えると、ましてや増えたのが一時的かもしれないけど継続していることを目の当たりにすると嬉しくなるし、もっと何か記事を書かないとせっかくきてくれた人が

「なーんだ、更新してないじゃん。鮮度の悪いブログだな」って思っちゃうんじゃないかと焦ってしまうのです。

 

ということで今思いつくことを書き出しておきます。今年に入って色々ばたついて、考え方が少しづつ変化&固まりつつあるので忘れないためにも。

 

このブログを始めたきっかけでもある「30代脱サラフリーランス」の生活を日々書くというカテゴリーなのですが、他のフリーランスさんとついつい比較してしまい自分では大したことない生き方だと思っていても、今この生き方が誰かのためになるかもしれないと考えるようになりました。

 

会社辞めたい30代。

でも安定した仕事を捨てて生きていけるか心配。

でも精神的にはちょっと疲れちゃってる。

仕事辞める覚悟ができても、これからどうすればいいかわからない。

今は忙しいからもうちょっとしたら考えよう。→そのまま定年を迎えるか、体調を悪くするか。

結局考えるのをやめちゃう。

悪循環。

 

これは私自身の会社員時代にもうっすらと感じていたことだし、実際周りにもこういう感じで悩んでいる人はいる。

20代のフリーランスや起業家が活躍する時代、就職が人生幸せになる第一条件と洗脳され続けた30代は今手に入れている仕事やキャリアやランクを手放すことに恐怖すら感じるわけです。

お子さんなど家族がいたら尚更のこと。

「仕事辞める=もう家族を幸せにできない」

の図が浮かんでくるような世代です(少なくとも私はそうでした。)

 

もちろん今の仕事や生活が自分に合っていて満足しているという人はそのままで良いと思うのです。昨今の「まだ会社員やってるの?フリーランスの方がいいよ!」みたいに押し付けるようなことが言いたいわけではないのです。

 

でも、自分が壊れるような働き方を続けていてもその先に何を求めてるか分からない限りは辛いだけ。

引退後にやりたいことすればいい。とも言いますが、引退後の生活が100%健康でお金もある程度ある環境である保証はどこにもない。(もちろん老後にやりたいことをやる資金を貯めるには安定した仕事が一番いいのだけど。)

お金あっても健康じゃなかったらそのお金は病院代や介護費用に消える。

 

今、仕事が辛かったり生活スタイルを変えたいと思っている30代の方がいたらこのブログで仕事を辞めた後の生活をイメージしてもらえたらと思っています。

私の場合、フリーランス生活はかなり厳しいものがあります。フリーランスになって3年目で「雇われフリーランス」という新しいスタイルでなんとか生活するのに困らないお金を手に入れることはできていますが、会社員時代よりも生活水準が上がったかというとそうでもありません。雇われフリーランスになるまでの2年間は貯金を切り崩し、生命保険の貸付を使い切り、クレジットカードで支払いを調整する毎日でしたので当然マイナス家計になっている訳で(お金にだらしない 笑)

でもそれもまた真実なので、包み隠さず(隠そうとせず)公開していくつもりです。フリーランスの家計って興味ある人多いと思う。「本当にやっていけるの?」とか「本当に会社員よりも稼げるの?」とか。(私自身は稼ぎよりも自分の好きな時間に仕事できるというメリットをとりましたが)

それと、我が家には子供がいません。というより法律上の結婚すらしていません(笑)そんな2人暮らしですが、現在の税制優遇も受けられないし、老後も2人だけでなんとかするしかないので老後資金も作っていかなくてはならないので密かに投資とかやってます。日本人が敬遠するアレです。その辺も怪しくない感じでお伝えできればと思っています。(投資は怪しくないんです。楽して稼ごうとか一攫千金なんて考えていると怪しい投資話が来るってだけで。できれば投資したほうが老後資金が用意しやすくなるので怪しさを払拭したい。でも押し付けません。自分の人生は自分で決めなきゃですからね)

 

全然記事書けてませんが、やりたいことはたくさんあるのです。伝えたいことも山ほどある。フリーランスで動画作ってるのに、全然活かせてないってのも自分の中では残念な現実です。

 

全然カッコよくもオシャレでもないフリーランス生活ですが、オシャレフィルターをかけた情報なんて伝えても意味がないので、たとえどんなにネガティブな情報でもリアルに伝えていけたらと思っています。

 

オシャレなページでもないし、Google AdSenseさんに協力してもらってるページですが誰か1人でも満足してくれるページにできるよう頑張ります。

 

また読みにきてくださいね。

不定期更新ですけど(笑)

 

【スポンサードリンク】

●運営者:Yüka●

笑顔を引き出す映像職人。
フリーランス2年生。
35歳で脱サラ。
なんのスキルもコネもないのにフリーランスの映像職人になりました。

●このサイトの考えかた●

最近「新しい働き方」が注目されています。若い世代はすでに適応し始めています。
その陰で戸惑っているのが私と同じ30代半ばからそれ以上の世代。
「どうせ若い世代だけの話でしょ?うちらはこのまま生きて行くしかないよね」と。

私がこのブログで伝えたいこと。それは

「生き方を変える」のは今からでも遅くないんです。

ということ。
私自身が35歳で安定した会社員生活を卒業し、
ずっとやりたかった映像制作のお仕事をフリーランスという形で始めています。
その様子をブログで綴りながら、

30代後半からでもできるかもしれない!


とみなさんに思っていただけたらいいなと思っています。