世界を旅する くろねこフィルム【脱サラカメラマンYüka】

ビデオカメラ一つで世界中を旅しながら生きる。そんな新しい生き方を目指して2016年35歳で会社を辞めました。映像のお仕事でどうやって世界を旅して生きていくのか?その過程を書き残します。雇われ仕事にちょっと疲れちゃった人にも読んで欲しいな。立ち上がれ!30代フリーランス!が合言葉。

【目指せ旅ブロガー】関内駅近くのおしゃれカフェORIENTAL GRACE coffee(作業にも良さそう)

f:id:kuronekofilm:20181022141635j:plain

西海岸風というか、リゾート風というか。なんともおしゃれ空間なカフェ。

 

横浜の関内駅といえば中華街に行く時やベイスターズ本拠地である横浜スタジアムなんかに行く時に使われる方が多いかもしれません。

…って横浜スタジアムが近いって気が付いたの最近なんですけどね(笑)

私が関内駅に行くのは、伊勢佐木長者町エリアにあるライブハウス音小屋(ねこや)さんに行くときなのです。

音小屋 LIVE BAR NECOYA

 

f:id:kuronekofilm:20181022143449j:plain

ちょいちょいライブのお写真や動画を撮ったりしています。勝手に。(もちろん知り合いのバンドさんだけね)

アットホームなライブハウスで、出るバンドさんも個性的でとても興味深いいいバンドさんが多いです。スタッフさんもみなさんとてもフレンドリー。

エリア的にちょいと裏に入ると、「カオスな日本」を見ることができます。(お近くにボートピア横浜があり、裏道入ると簡易宿泊所だのなんだのがあるのでお察しください 笑)別に危険な人がいるわけではありませんが、女の子1人はちょっと不安かも。それでもここは日本なわけで、至極安全な訳です。

 

で、本題。

先日ライブ撮影までの時間が結構あったのでいつものガストに行こうと思ったわけです。アイドルタイムだし空いているだろうと思ったらなぜか並んでる…。その日は「体育の日」だったので何かイベントがあったのでしょう。いつも空いているガストですら混んでいるような状況でした。関内駅の方まで歩いてモスバーガーに入ってご飯食べてちょっと作業でもするかと思ったのですが、運悪く近くの席のお客さんがかなりノイジー。音楽を聞いてごまかそうとしましたが、それでもノイジー(笑)

集中できん!ってことで諦め、モスを出てライブハウスに向かって歩き始めました。

途中になんかカフェでもあれば寄ろうかなと思いつつ。

そしたら突然このおしゃれカフェが現れたわけです。

 

ORIENTAL GRACE coffee

orientalgracecoffee

(ホームページもおしゃれだよ〜!)

 

エントランスのお写真は外のお席にお客さんがいたので撮ってませんが、外のお席も快適そうでしたよ。中に入ると冒頭のお写真のようなおしゃれ空間。ちょうどカウンターから振り返って撮ったのがあのお写真です。

カウンターには外国人のスタッフさんがいらっしゃいました。上手な日本語で対応してくれます。閉店1時間前だったのでお客さんは外にいた1組と私だけでした。

「あと1時間で閉店ですがよろしいですか?」と丁寧に対応してくださいました。

カフェモカを注文しました。ショートサイズで480円なのでスタバより若干お高いかな?(お値段の事書くのってヤボだな 笑)

 

お写真のどこかの席に座ろうかとも思ったのですが、ちらっと入り口向かいの方を見ると別のフロアに出られそうな扉を発見。そっちに行って見ることにしました。

扉を出ると吹き抜けのような空間になっています。他にも扉があるので色々なお店や会社が入っているようです。(フィットネスやアバックというホームシアターの会社さんが入っていました。)

そこにある階段を冒険気分で降りて行くと…

 

f:id:kuronekofilm:20181022145649j:plain

なんだこのリゾート感満点なお席は!

バリ島のビーチにありそうなテントの下、南国調プランツがあって、フッカフカのソファーとガラスの広いテーブルがあるリビングみたいな席が2つとDJブース的なものやモダンな照明といった、ややバブリーな感じのフロアが現れます(笑)

 

f:id:kuronekofilm:20181022150337j:plain

こんな感じの場所や他にもヨーロッパのお城調な家具があったり、インダストリアルな感じだったりといくつか雰囲気の違うコーナーがありました。

どこに座るか迷う(笑)

 

結局「バリ風リゾートリビング」に座ることにしました。でっかいソファーはフッカフカでかなりくつろげます。1人で座るには申し訳ないほど広い席ですが、端っこを確保。(確保と言っても誰もいないのでこのフロアを1人で貸切状態でした。)

トイレもこのフロアにあります。他にも

f:id:kuronekofilm:20181022150835j:plain

こんなおしゃれなレコーディングスタジオもあります。

pacific-studioというところが運営しているカフェのようです。

pacific-studio

 

人が少なかったからというのもあるとは思いますが、こんな素敵なカフェがあったとは!!というのが正直な感想です。

カフェモカ片手にゆったりソファーに座って、作業をしましたがなんとも贅沢な作業空間になりました。

 

f:id:kuronekofilm:20181022152507j:plain

ソファーが低めで快適なのですが、テーブルにパソコン置いて作業するとちょっと遠かったのでクッションをお借りしてその上で作業しました。家でくつろぎながら仕事してる感覚で作業できるこの空間、かなりお気に入りです。

wifiもあるみたいです。

家が近かったら定期的に来るんだけどな。

駅からそれほど遠くもないし、駅から近いとも言えないので多分それほど混まない(失礼)と思います。関内駅でちょっとのんびりくつろぎながら休憩や待ち合わせしたい人にオススメのカフェです。インスタ映えっちゃインスタ映えかな?(その辺はよくわかりませんが 笑)

 

秋になって気候がよくなってきたので、「ノマド作業しやすいカフェ」探しの旅をしてみようかな。また見つけたら書こうと思います。

地図貼っときます。

www.google.co.jp

【スポンサードリンク】

●運営者:Yüka●

笑顔を引き出す映像職人。
フリーランス2年生。
35歳で脱サラ。
なんのスキルもコネもないのにフリーランスの映像職人になりました。

●このサイトの考えかた●

最近「新しい働き方」が注目されています。若い世代はすでに適応し始めています。
その陰で戸惑っているのが私と同じ30代半ばからそれ以上の世代。
「どうせ若い世代だけの話でしょ?うちらはこのまま生きて行くしかないよね」と。

私がこのブログで伝えたいこと。それは

「生き方を変える」のは今からでも遅くないんです。

ということ。
私自身が35歳で安定した会社員生活を卒業し、
ずっとやりたかった映像制作のお仕事をフリーランスという形で始めています。
その様子をブログで綴りながら、

30代後半からでもできるかもしれない!


とみなさんに思っていただけたらいいなと思っています。