世界を旅する くろねこフィルム【脱サラカメラマンYüka】

ビデオカメラ一つで世界中を旅しながら生きる。そんな新しい生き方を目指して2016年35歳で会社を辞めました。映像のお仕事でどうやって世界を旅して生きていくのか?その過程を書き残します。雇われ仕事にちょっと疲れちゃった人にも読んで欲しいな。立ち上がれ!30代フリーランス!が合言葉。

【フリーランス生活】「フル」フリーランス2日目は全部思いつきで行動の日!

「フル」フリーランス2日目。

今週1週間だけフルタイムのフリーランス生活を送っています。

 

2日目の今日は結果的に「思いつきで行動する日」になりました。

 

朝起きて、いつも通りスマホでネット徘徊をしたあと

お天気が良かったので出かけようと思いつきました。

顔洗って、ノーメイクで(笑)

 

ちょうど始まったばかりのプロジェクト用に必要なものがあったので駅前の100円ショップまで買い出しに行こうと思っていたのです。

駅までバスに乗ろうかとも思ったけど、お金ない上に雇われ部門(バイト)も行かない無収入な状況なので歩くことにしました。毎日家で編集作業したりライティングしたりしているので運動不足感も気になるところ。

駅までは30分もあれば着くのでのんびり出発しました。

f:id:kuronekofilm:20180306233051j:plain

梅が咲いていたり、

 

f:id:kuronekofilm:20180306233133j:plain

面白い形の木があったり。

お散歩を満喫しながら、午前中の空気をゆっくり吸い込みながらのんびり歩きました。ずっと早朝からバイト生活だったので、暗い中を自転車で移動していました。

その道をお日様の光を浴びながらのんびり色々なものを見ながら歩くのってすごくリラックスできるんですよね。(暗い顔して仕事に向かう人たちを横目にのんびりしている自分に優越感を感じていることは内緒です 笑)

心が穏やかになるし、本来は人間ってこういう生き方が普通なんじゃないかと。

 

必要なものを買って、帰りは荷物もあるしバスにしようかと思いましたが、帰りも歩くことに。これも思いつき。

行きと違うルートをあえて選んで、知らない道を探検しながら帰りました。

いつもと違う道。おしゃれな家、公園、遠くに見えるものの風景も違う。

方向音痴なのでgoogle mapをちょいちょい見つつ(笑)

小さな子供達のお散歩時間だったり、わんちゃんのお昼のお散歩時間だったり、会社員時代は絶対に見られなかった光景を見ることができました。

多くのお家のお庭にはハッサクがなっている木やなんとも言えないきれいな色の椿があったり、紅色と黒めの幹のコントラストが美しい紅梅があるお家も多かったです。

今日は青空もパキっとしたブルーだったので青と赤と黄色の組み合わせがとてもステキでした。(木とか見るの好きなんだなって気がつきました 笑)

 

家に帰ってきてから軽く食事をして、ちょっとだけ海外ドラマをみて、ライティング仕事に取り掛かりました(一応仕事はしないとね)。

 

でも、すぐにものつくりがしたくなったので、ライティングは一時中断。

その後は自由にやりたいことをやることにしました。

f:id:kuronekofilm:20180306234700j:plain

f:id:kuronekofilm:20180306234728j:plain

f:id:kuronekofilm:20180306234718j:plain

 

今日はとにかく折り紙がしたかったみたいです(笑)

 

「とあるプロジェクト」というのは実は今年7月にフランスで行われる「ジャパンエキスポ」に参加することなのです。

私が出展するわけではないのですが、とあるアーティストさんのお手伝い兼アドバイザーとして一緒に連れて行ってもらえることになりました。

ビデオカメラ&スチールカメラマンとしても同行するのですが、もし何か出品したければ作っていいよとのことなので折り紙を折ることにしました(笑)

前々から海外に行くときは折り紙を持っていって、鶴なんかを折ってチップと一緒に手渡したりしていたのですが、もっと世界中に広めたいと思っていたのでちょうどいい!

 

今から色々と日本らしいものを作って行こうと思いつきで動き始めました。

 

今日はとにかく思いつきで全て行動してみましたが、それを遮るものがないって本当に楽しいです。思いついたら即行動に移すことができる環境や時間をもっと増やせるようにしたいと思いました。

そのためには雇われ部門(バイト)をやめても大丈夫な収入が必要だし、自分の時間をきちんとコントロールできる能力も必要です。

 

でも、これが一番人間らしいんじゃないかな?

好きな時間に起きて、お日様を浴びながら好きな仕事をして、暗くなったら寝る。

どうしてこういう生活ができなくなっちゃったんだろう?

そんなことを考えながら、「フル」フリーランス2日目を終わりにしたいと思います。

 

【スポンサードリンク】

●運営者:Yüka●

笑顔を引き出す映像職人。
フリーランス2年生。
35歳で脱サラ。
なんのスキルもコネもないのにフリーランスの映像職人になりました。

●このサイトの考えかた●

最近「新しい働き方」が注目されています。若い世代はすでに適応し始めています。
その陰で戸惑っているのが私と同じ30代半ばからそれ以上の世代。
「どうせ若い世代だけの話でしょ?うちらはこのまま生きて行くしかないよね」と。

私がこのブログで伝えたいこと。それは

「生き方を変える」のは今からでも遅くないんです。

ということ。
私自身が35歳で安定した会社員生活を卒業し、
ずっとやりたかった映像制作のお仕事をフリーランスという形で始めています。
その様子をブログで綴りながら、

30代後半からでもできるかもしれない!


とみなさんに思っていただけたらいいなと思っています。