世界を旅する くろねこフィルム【脱サラカメラマンYüka】

ビデオカメラ一つで世界中を旅しながら生きる。そんな新しい生き方を目指して2016年35歳で会社を辞めました。映像のお仕事でどうやって世界を旅して生きていくのか?その過程を書き残します。雇われ仕事にちょっと疲れちゃった人にも読んで欲しいな。立ち上がれ!30代フリーランス!が合言葉。

【雑食な雑記】クレジットカード選びに困ったら…コンサルを受けてきた!

「自分に合ったクレジットカードってどれ?」=コンサルを受けてみよう

f:id:kuronekofilm:20180108121248j:plain

(ちょっと作ってみました。ダサい 笑)

 

 

 

クレジットカードって何枚持ってますか?使ってる?

海外ではすでに通貨自体を持ち歩かずクレジットカードや電子マネーなどで生活している人も増えていると聞きます。

日本ではまだまだクレジットカードだけで生活できると断言できるほどクレジットカードのシステムが浸透していないのかもしれません。小さいお店なんかだとまだ現金決済のみだったりします(もちろん海外でもそういうお店はあるけど)。

それでも一人1枚くらいは持っているんじゃないかと予想しています。

私のクレジットカードの所有数は2枚です。両方とも使っています。多分家の中を探せばもう1枚くらい出てきそうですけど。使ってないやつが。

 

世の中にはたくさんのクレジットカードがあります

私が考えつくだけでもたくさんのクレジットカードがあります。

テレビなどでよく目にする楽天カードとか銀行系、Tカードなど、またネット上にも色々なカードの情報がありますね。

基本的に現金主義の今までの日本人がクレジットカードを作るとしたら

  • 社会人になったタイミングで「1枚くらいは持っておいた方がいい」と作る
  • よく行くお店や駅ビルなどのポイントカードにクレジット機能が付いてくる
  • ネットで買い物するのにクレジットが必要

こんな感じでしょうか?個人的に経験したものしかわかりません(笑)

 

結構な割合で「言われたままにクレジットカードを作る」という人が多いのではないでしょうか?私もその中の一人です。

持っている内の1枚は、懐かしの「ぴあカード」です。

http://t.pia.jp/piacard/annai_piacard.jsp

学生時代に好きなアーティストのライブのチケットを手に入れる際、ぴあの会員になれば先行の先行でチケットを買うことができたため会員登録をしたような気がします。それに付いてきたのがこのカード。チケットの支払いもクレジットでできるので便利でした。(このカードを持つことで、実際には持っていないお金を持っている気分になってたくさん使いすぎて、大学から社会人までずっと返済地獄だったのはまた別の機会にお話しします 笑)

 

こんな風にカードデビューしたので、世の中にどんなカードがあるかなんて全く知らずに暮らしてきました。

 

もう一枚はルフトハンザのMiles&Moreカード。MUFGのカードです。

Miles & More MUFGカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

ドイツに行きたいと思い始めてから、ドイツに行くなら絶対ルフトハンザに乗りたいと考えてルフトハンザのカードを探しました。見つけたのがこれ。

カードで買い物した分ルフトハンザのマイルに交換することができます。

地道に貯めて今30000マイルくらいあります。まだまだ貯めてドイツに行く時に使います。

 

目的があれば選べると思ったけど…コンサル受けてみることにした!

マイルは何とか貯めることができるけど、もっと効率よく貯めたいし海外に行く時にも便利なカードが欲しい。ついでに言えば海外旅行保険も手厚いヤツがいい。そんなワガママなカードを探して色々と検索してみましたが…

よくわからない…

 

ということで、wasabiさんのサロンで出会った「ごろー」さんにクレジットカードのコンサルをしていただくことにしました。

ごろーさんって?

ここで、ごろーさんの紹介。

ごろーさんは「The Saving」という節約とお金のサイトを運営している若者です。

gorosetsuyaku.com

 

詳しいご本人のご紹介はサイトをご覧いただければと思いますが、

(大げさに言います 笑)

ものすごい壮絶な経験をされた上でのThe Savingというサイトはすごく説得力があります。信頼感がすごい。

でも、そんなものすごい経験をされているのにも関わらずすごく穏やかで優しいごろーさん。実際にお会いしてお話していると私よりもはるかにお若いのに、ものすごく落ち着いていてとても頭も良く、お金のことや節約のことに真剣に向き合っているという印象を受けます。

 そんな彼のクレカコンサル記事をブクマしたので貼っておきます。

15枚のクレジットカードを使い分けるカードのプロが「無料クレカコンサル」を開始、あなたに最適になカードを選びます | 節約サイト The saving

これ、ほんとに良いです!彼の知識はハンパない(笑)

2018/03/05 13:55

 

クレカコンサルを受けてみた!これ無料でいいの?!

でました。また怪しげな情報商材みたいなタイトル(笑)

でも本当にそう思ったんですもの。

 

まずは自分の欲しいクレジットカードの条件をあげます。

私の場合は

 

この2つを条件としてあげました。

 

ごろーさんはすぐに答えを教えてくれました。

 

ごろーさん:「セディナカードのJIYU!DAカードがいいですね!」

 

私:(セディナカード?なんだそれ?)

 

というのが私の最初の印象です(笑)

 

ごろーさんはありとあらゆるカードを把握しているので、私の条件からパパッとこのカードを見つけ出してくれました。

セディナカードなんて知ってました?!私は全く知りませんでした。

 

www.cedyna.co.jp

 

年会費無料で、ポイントはマイルにも交換できて、旅行保険は国内だけですが海外旅行のサポートデスクが付いています。

 

さらに、ごろーさんがこのカードをおすすめしてくれる上で教えてくれたのが

海外でもキャッシングすることができるということ。

これは他の会社のカードでも同じだと思いますが、海外に行く時に日本や現地でエクスチェンジするよりもキャッシングした方がレートや手数料に無駄なお金を使うことなく現地のお金を得ることができるんだそうです…

 

それ、早く言ってよ~。(笑)

 

この間のアメリカ旅行なんかLINE payで両替してから行ったのに(キャンペーン中で手数料かからなかったけど)。

 

古い人間は海外に行く時は日本もしくは現地で両替をするのが普通だと思ってますよね?レートによって日々金額は変わるし、何かと手数料が高いし。

最近はどの国に行っても現金よりもクレジットカードを使うことが普通なので現地では現金はほぼ要らないんですけどね。古い人間はつい現金を持っていないと不安になる(笑)現金が飛び交っているのは日本くらいなもので。

 

ちょっと話がそれましたが、

とにかくごろーさんの知識と提案力がすごいのです。

私の悩みがババっと解決しちゃいました。セディナカードを持てばマイルも貯まるし現地での現金引き出しも簡単になるしで恐いものなし!

海外旅行保険については別途保険会社と契約するか、今もってるクレジットカードに海外旅行保険が付いているのでそっちを使うとか、何とでもなるので問題なし。

 

こんなに世の中にたくさんのカードがあるのに、条件を聞いてパパッとセレクトしてくれちゃう上にアドバイスとか提案までしてくれて無料で良いんだろうか?って思うほど満足なコンサルでした。

 

ごろーさんはお客さんのありとあらゆる要望に答えられる商品知識をもったデパートの店員さんのように的確にカードを選び出してくれます。

しかも節約だったり、特典だったりの使い方まで教えてもらえる。

 

私は海外旅行に特化した選び方をしましたが、きっとその他にも

家計のために節約だとか特典が充実したカードとか、仕事上の付き合い飲み会とかゴルフとかにもおすすめのカードだったり、日本中・世界中を飛び回る人におすすめのカードとか条件を持っていってお願いしたら良いカードを探し出してくれるはずです。

 

なんせ、ごろーさんは16枚のカードを操る男ですから(笑)

 

まとめ:コンサルにハマリそう。

「コンサル」ってとにかく響きが怪しいじゃない?だからずっとコンサル=だまされそうとかって思ってました(笑)しかも無料のヤツなんてもっと怪しい。

でもごろーさんみたいに、自分の経験からそうなる人を減らしたいって思いで無料コンサルをやっている人だっているわけです。

コンサルは怪しいかもしれないけど、「専門家の意見を聞く」ということに関してはすごく大事なこと。意見を聞いてそれを自分の中でどう処理するかによって「コンサル=怪しい」かどうかが決まるんじゃないかと。

怪しいコンサルタントの意見を鵜呑みにして会社を潰すような社長さんもいるけれど(笑)

自分の思いを聞いてもらってアドバイスしてもらう。セラピー的な意味合いもあるのかな?

そんな私も気がついたら色々な人に自分が10年以上やってきた「営業職」の知識でサポートできることはアドバイスしてます。簡単なマーケティングとかその人の良さやスキルからこういうことをしてみたら良いんじゃないかとか。現場で培ってきた知識なので荒削りですけどね(笑)往々にして自分のやってることって自分では客観視できないので、お互いに客観的に見られる相手って必要なんですねきっと。

 

今回ごろーさんにコンサルしてもらって、すごく面白かったので今後も色々なコンサルにチャレンジしてみたいと思います。コンサルにハマるのもまた面白い。

 

 

 

 

 

 

【スポンサードリンク】

●運営者:Yüka●

笑顔を引き出す映像職人。
フリーランス2年生。
35歳で脱サラ。
なんのスキルもコネもないのにフリーランスの映像職人になりました。

●このサイトの考えかた●

最近「新しい働き方」が注目されています。若い世代はすでに適応し始めています。
その陰で戸惑っているのが私と同じ30代半ばからそれ以上の世代。
「どうせ若い世代だけの話でしょ?うちらはこのまま生きて行くしかないよね」と。

私がこのブログで伝えたいこと。それは

「生き方を変える」のは今からでも遅くないんです。

ということ。
私自身が35歳で安定した会社員生活を卒業し、
ずっとやりたかった映像制作のお仕事をフリーランスという形で始めています。
その様子をブログで綴りながら、

30代後半からでもできるかもしれない!


とみなさんに思っていただけたらいいなと思っています。