世界を旅する くろねこフィルム【脱サラカメラマンYüka】

ビデオカメラ一つで世界中を旅しながら生きる。そんな新しい生き方を目指して2016年35歳で会社を辞めました。映像のお仕事でどうやって世界を旅して生きていくのか?その過程を書き残します。雇われ仕事にちょっと疲れちゃった人にも読んで欲しいな。立ち上がれ!30代フリーランス!が合言葉。

【雑食な雑記】職場の『困ったちゃん女子』とカタルシス効果

f:id:kuronekofilm:20170919042756j:image

お写真はウィキペディアさんから拝借。

好きなんだよな〜この輸送機。C-130Jっていうのかな?詳しいことは知りませんが(笑)プロペラが4枚から6枚になってちょっと静かになったって職場の人に聞きました。

 

そうそう、雇われ部門(バイト)その1に『困ったちゃん女子』が入って来たようです。

 

世間的にはメンヘラ女子ってやつみたいですね。色々と調べると私含め誰もが当てはまりそうな特徴だったのでここでは『困ったちゃん女子』でいきたいと思います(笑)

 

今回は社員さんが1人抜けてその補填で1人バイトが異動してしまったので新しく2人バイトが入って来ました。1人はベテランさんで仕事もサラッとこなせるので2週目ですでにひとり立ちしてくれました。わからないことはその都度お教えするって感じでうまく回っています。

 

問題の困ったちゃんはもう1ヶ月以上経つのにあんまり仕事を覚えてくれません。やることは決まっているのに次の仕事がわからないのか、ボーッと突っ立っている時間があったりします(笑)

初めからなんだか怪しい雰囲気はあったのですが、人それぞれ慣れるための時間はまちまちなので社員さんと相談して少し様子を見ることにしたのです。

 

1ヶ月経ちますが、

・仕事がちょっとスロー。

・1度言ったことを覚えていないのか「そんなこと聞いてません」と言う。

・とにかく休みがいつなのか気にする

・少し仕事の延長をお願いしても「そんなの条件になかった」と拒否する

・事あるごとに「体調が良くないのでトイレや休憩に頻繁に行かないとダメなんです」と言う

・「今週〇〇になっちゃったんですよね〜」と女性特有のスケジュールを女性の同僚に宣言する。

 

とまぁこんな感じです。

 

そんな中、とあるイベントの仕事で私が15時間位(中抜け&休憩含む。彼女はいつもの「体調が良くないので10時間も無理です!」と言って8時間にしてもらってました)のお仕事の朝、私のところにツカツカっとやって来ていきなり

 

あなたの言い方や教え方や態度はおかしいと思います!!

 

とお怒りをぶつけて来ました(笑)

なぜ今日なの?なぜこのタイミングで?

 

こちらとしては1度言ったことをもう一回聞かれても根気強く教えて来たつもりだし、忙しい時に話しかけられると多少雑になっちゃうこともあるので謝りましたが、

 

「忙しいかどうか」は個人個人の感覚なのでわからないじゃないですか!!

 

とさらにお怒りに。

 

仕事なんだからちゃんとやってください!

 

と最終的になぜか私が怒られている感じに(笑)

 

申し訳ないけどあなたの仕事ができていない部分はたくさんフォローしながらも文句言わずに教えて来たよね?

フォローした分、こっちの帰りが遅くなってること知らないよね?

上司に「色々と他の人から仕事が遅いとかって報告受けてるけど彼女の仕事はどう?」(契約更新しない方向の質問)と聞かれた時も「もう少し様子を見ませんか?」と説得したんだよ?

 

色々な考えが頭の中を巡り、なぜ怒られたのかわからず動揺したまま15時間の勤務がスタートしました(笑)ほとんど記憶がありません。

 

もちろんその途中で困ったちゃんと一緒になる時もあったのでできる限りフレンドリーに接しましたが、ニヤリとしながら私を見てちょこっと会話するだけ。

 

一体何がしたかったの?(笑)

 

はい。ここで私の「暗黒面スイッチ」入りました(笑)

 

完璧に「潰し」にかかろうと思います(恐ろしい…)

 

私の良心は困ったちゃんとうまくやっていけるようにしてお仕事を継続してもらった方がいいんじゃない?と問いかけていますが、上司も彼女には疑問があると言っているし同僚数名からもクレームが来ているとのこと。

そんな状態で続けていけるわけがない。だって何度も同じことを説明したりフォローしたりしてたらみんなの仕事が遅れて行くからね(笑)

 

よく言う「大人になって」という行動はしません。そういうのが嫌でバイトっていう立場を選んだので。

 

私は単なるバイトの立場ですが、ここまで約1年間真面目にコツコツ仕事をして来ました。最初の条件とは違うこともたくさんあったし、残業しないと回らない時も協力して来ました。仕事は決して早い方ではありませんが社員さんから信頼していただけているようです。

 

まずは近い上司に相談という形で、15時間勤務の日の件を伝えてさらにその上の上司に報告するべきか指示をもらうことにします。

 

なんやかんやで困ったちゃんが仕事を辞めたくない!!と抵抗するようなら私が他の部署に異動するなり辞めるなりすればいいだけの話です。

 

まあ、要するに

 

「困ったちゃんを辞めさせる」作戦

 

なわけです。うちは1年更新のバイトなので会社が契約更新しないと宣言すれば良いのです。もちろん問題があるようならもっと短期間で辞めていただくこともできるそうですが。

 

ここに来るまでにはすごくたくさん悩みました。15時間の勤務の間も、翌日の勤務の間も、昨日も…ずっと「自分の何が悪かったんだろう?」と考え続けていました。だから全然休めてないしストレスで胃が痛い(笑)

 

ネットで調べてみたらこういう時は「カタルシス効果」ってのを利用すれば良いみたい。

カタルシス効果(cathartic effect) - gooヘルスケア

とにかく感情を誰かに話したり紙に書き出すことで心の安定を手に入れるっていう方法。

 

誰かに話そうかとも思いましたが、そうするとその誰かがまた悶々と悩むことになるのでやめました。

とにかく紙に状況とその時の心の動きを書き出して行くことで頭の中が整理されていきます。心も徐々に落ち着いていきました。

頭の中を整理することで、上司にも説得力を持った説明ができるのではないかと。

 

この方法…なんか、いい。

 

カタルシス効果で落ち着いた心で、説得力のある説明を上司にして来たいと思います。

 

なんでバイトなのにここまでしなくちゃならんのだと思いつつも(笑)

 

実は私も困ったちゃんなのかもしれませんね…でも「大人になってうまく関わる」ってのもちょっと違う気がするので、自分らしく行動したいと思います。

 

困ったちゃんとの上手い関わり方があったら教えてください。

 

今日も雇われ部門(バイト)ダブルで頑張ります。

 

 

【スポンサードリンク】

●運営者:Yüka●

笑顔を引き出す映像職人。
フリーランス2年生。
35歳で脱サラ。
なんのスキルもコネもないのにフリーランスの映像職人になりました。

●このサイトの考えかた●

最近「新しい働き方」が注目されています。若い世代はすでに適応し始めています。
その陰で戸惑っているのが私と同じ30代半ばからそれ以上の世代。
「どうせ若い世代だけの話でしょ?うちらはこのまま生きて行くしかないよね」と。

私がこのブログで伝えたいこと。それは

「生き方を変える」のは今からでも遅くないんです。

ということ。
私自身が35歳で安定した会社員生活を卒業し、
ずっとやりたかった映像制作のお仕事をフリーランスという形で始めています。
その様子をブログで綴りながら、

30代後半からでもできるかもしれない!


とみなさんに思っていただけたらいいなと思っています。