世界を旅する くろねこフィルム【脱サラカメラマンYüka】

ビデオカメラ一つで世界中を旅しながら生きる。そんな新しい生き方を目指して2016年35歳で会社を辞めました。映像のお仕事でどうやって世界を旅して生きていくのか?その過程を書き残します。雇われ仕事にちょっと疲れちゃった人にも読んで欲しいな。立ち上がれ!30代フリーランス!が合言葉。

【自称 旅ブロガー】ちょっとピッツバーグまで行ってくる!

f:id:kuronekofilm:20170907060801j:image

お写真はこちらから拝借。

Visit Pittsburgh Pa | Things To Do, Restaurants, Events - Visit Pittsburgh

(パソコン)

https://www.visitpittsburgh.mobi

(モバイル)

 

11月の話ですが、アメリカ東海岸ピッツバーグに行ってきます。

 

ピッツバーグは名前しか聞いたことのない場所です。なんでいつものカリフォルニアではなくペンシルベニア州ピッツバーグへ行くかというとアメリカ東海岸への強い憧れ(笑)と、中学・高校からの友人がピッツバーグに住んでいるので会いに行くのが目的です。

 

アメリカのドラマとか映画でしか東海岸エリアを見たことがないので本当に偏ったイメージでしかないのですが、西海岸エリアよりもヨーロピアンな雰囲気があることと、経済や文化的な施設がいっぱいあるイメージです。

日本人が近づいてはいけないようなイメージも持っています。アメリカだけどヨーロッパ寄りなのでアジアンパワーが届いていなさそうな。

(こういうこと言っている時点できっと私はワールドワイド思考じゃないんだろうな 笑)

 

とにかく東海岸エリアには行きたいと思っていたので、今回行くことに決めました。

 

と言っても「あんたお金がないはずじゃ?」と思われる方もいらっしゃると思います。このブログでも何度かお金問題には触れてきていますからね(笑)

ええ、お金無いです。

なので齢36にして

「ペアレンツバンク」から借りました(出世払い&無利子)!!

 

よくわかりませんが、ティッシュで包まれてコンビニのビニール袋に無造作に入れられたお金を「ハイ!」と笑顔で渡されました(笑)

「出世払いだけどいつ返せるかわからないよ?(返すつもりがないな 笑)」と伝えておきました。

 

それを元手にしてとりあえず行ってきます。

私は雇われ部門(バイト)その1の有休を使います。相方は有休が無いので次月の給料が減ります。私も戻ってきた翌週は仕事が休みなので次月の給料が減ります。

何かと物入りな12月の収入が落ち込むのはちょっとキツイですが、行きたいと思った時に行動するのをポリシーにしているのでまさに今しか行けないような気がしています。だから無理してでも行きたい。なんか今回を逃したらもう行けない気がする。お金がなくなっちゃってもう行けないとか、なんか起こりそうな気がする。サラリーマン(社畜)時代のように行きたい気持ちをおさえて結局後で後悔する暮らしはもうやめます。明日この世がなくなってしまうかもしれないから。

 

なのでもちろん単なるバケーション気分でのみで行こうとは思っていません。映像部門の新しいアイデアとライティング部門のネタ探しと練習、フォトストック作り、そしてあわよくばあっちで仕事を見つけてやろう!と思っています(笑)そう簡単じゃ無いでしょうけど、やってみなくちゃわからんです。ハイ。

 

映像部門の新しいアイデアについては友人の体験談を聞いたり、地元のテレビ局とか見てみたいと思っています。ライティングはひたすら旅行記の練習(ピッツバーグの記事欲しいサイトさんいたらお声がけください 笑)。フォトストックはとにかく写真を撮りまくる!!(欲しい写真がある方はお声がけください。行ける範囲で撮ってきます。(クラウドファンディングで「希望の写真を撮ってきてもらえるシステムの立ち上げってのを企画しようと思いましたが、怯んでいる自分がいたりして 笑)

バックパック一つで行くためビデオは持って行けそうも無いのでnikon D3200でストックに耐えられる動画ストックが撮れそうならチャレンジします。

あとは日本人を雇ってくれそうな場所を注意深く見ながら過ごします(図々しい 笑)。

 

1週間あるので、好きなこともやってきます。ツアーではなく航空券とホテルだけ確保するスタイル。自由がきく分、計画をある程度立てておかないとね。ノンビリする日があってもいいし。

恒例のスーパーやドラッグストア巡りとか、secondhand巡りとか、アンティーク買い漁りとか。他に新しい「旅の恒例行事」が作れたらいいなと思っています。

 

1週間の前半は友人宅に泊めてもらい、地元の普通の生活を楽しんできたいと思います。

名付けて「地元民になりきる旅」。

後半は空港近くのホテルに滞在し、バスや電車やタクシー等(相方が国際免許を取るっていうので車を借りてもいいかも)であちこち行ってみたいと思います。

カリフォルニアではおばちゃんが車を出してくれたりしてほぼ自力での移動はしていませんでした。ロンドンでは地下鉄やバスを駆使して移動しましたが、範囲が狭いし歩こうと思えばどこへでも歩けちゃう東京みたいな感じだったので、今回のピッツバーグ旅が本格的な自力での移動訓練になりそうです。

電車もバスも好きなので、すごく楽しみです。さすがに日本みたいに夜中のバスや電車には乗れないと思います。時間配分だけ気をつけよう。

 

今回もほんとに近所に遊びに行く感覚です。ちょっと飛行機が長いけど、アメリカの航空会社を利用するつもりなので背の高い相方でも少しは楽に過ごせるんではないかと。

 

その辺りも事細かにレポートしつつ旅をしようと思います。

 

まずは飛行機&ホテルの確保とアメリカのESTAを申請しないとですね。

待っててね。ピッツバーグ

 

【スポンサードリンク】

●運営者:Yüka●

笑顔を引き出す映像職人。
フリーランス2年生。
35歳で脱サラ。
なんのスキルもコネもないのにフリーランスの映像職人になりました。

●このサイトの考えかた●

最近「新しい働き方」が注目されています。若い世代はすでに適応し始めています。
その陰で戸惑っているのが私と同じ30代半ばからそれ以上の世代。
「どうせ若い世代だけの話でしょ?うちらはこのまま生きて行くしかないよね」と。

私がこのブログで伝えたいこと。それは

「生き方を変える」のは今からでも遅くないんです。

ということ。
私自身が35歳で安定した会社員生活を卒業し、
ずっとやりたかった映像制作のお仕事をフリーランスという形で始めています。
その様子をブログで綴りながら、

30代後半からでもできるかもしれない!


とみなさんに思っていただけたらいいなと思っています。