世界を旅する くろねこフィルム【脱サラカメラマンYüka】

ビデオカメラ一つで世界中を旅しながら生きる。そんな新しい生き方を目指して2016年35歳で会社を辞めました。映像のお仕事でどうやって世界を旅して生きていくのか?その過程を書き残します。雇われ仕事にちょっと疲れちゃった人にも読んで欲しいな。立ち上がれ!30代フリーランス!が合言葉。

【自称フリーランス】の5月まとめ

f:id:kuronekofilm:20170606044335j:image

友人のバンドthe bälls。福生のライブハウスChicken Shack にて。スマホでもキレイに撮れる時代になりました。

 

今更ながら5月のまとめをしておこうと思います。(大したことしてませんが)

会社辞めて自称フリーランスになって半年が経ちました。各部門ごとに振り返ります。

 

 

・映像部門

4月はいくつかあったライブ撮影のお仕事ですが5月は0でした。映像部門での収入は0です。

いくつか次につながるような種まきが出来たのでそれが唯一救いというところ。ホームページを作成できたのも種まきになるのかも。6月に映像関係の打ち合わせが2件入っています。

 

・雇われ部門

バイトその1はいつも通りの安定したスケジュールでした。1日だけ残業があったので少しだけプラスです。

バイトその2もまあまあ順調でしたが、5月はじゅん散歩の影響が少しだけ弱まったのか、ゴールデンウィークで買い物どころではないのか、五月病でなにもやる気がないのか客足が少なく、時々バイトお休み指令が出たので飛び飛び出勤となりました。店舗内の片付けをしたり在庫管理をしたりの5月となりました。

その影響もあり6月は週3日から週2日にしてほしいとの要望があったので水曜日&金曜日だけになりました。でも6月に入ってまたお客さん復活の兆しが見えているので週3回になるかもしれませんね。

雇われ部門が今のところ生活するためのお金の基盤になっているので勤務が減るのはキツイですがその分映像部門をやる時間が出来たので良しとしたいと思います。

 

・その他

はてなブログ(このブログ)を5/6にスタートしました!5月末までに100PVを達成できました。6月はさらにブログの書き方を勉強しながら7月までに100記事を目指したいと思います。

失敗したGoogleアドセンスもね(笑)

 

 

退職金や貯金も残りわずかになってきたのでついついお金お金と考えてしまいますが、自分にとって合っていないし辛かった会社員生活から脱却できたこと、色々な人の助けを借りながらも自称フリーランスで生きて行く道が見えてきたことが5月の収穫と言えそうです。

まだまだフリーランスもブログも始めたばかりですが日々試行錯誤していきたいと思います。

 

6月は映像部門をもうちょっと発展させられるようにします。2件入っている打ち合わせでうまくお仕事を得ること、1件の新しいお仕事に慣れることに集中したいと思います。プロフェッショナルではないですが、自分なりの良さを生かしつつクライアントさんに提案もしていけるように勉強しながら頑張ります。

 

6月こそはガーディアンズ オブ ギャラクシーを観に行くぞ!!マーベル展も観に行くぞ!(平日にね)

【スポンサードリンク】

●運営者:Yüka●

笑顔を引き出す映像職人。
フリーランス2年生。
35歳で脱サラ。
なんのスキルもコネもないのにフリーランスの映像職人になりました。

●このサイトの考えかた●

最近「新しい働き方」が注目されています。若い世代はすでに適応し始めています。
その陰で戸惑っているのが私と同じ30代半ばからそれ以上の世代。
「どうせ若い世代だけの話でしょ?うちらはこのまま生きて行くしかないよね」と。

私がこのブログで伝えたいこと。それは

「生き方を変える」のは今からでも遅くないんです。

ということ。
私自身が35歳で安定した会社員生活を卒業し、
ずっとやりたかった映像制作のお仕事をフリーランスという形で始めています。
その様子をブログで綴りながら、

30代後半からでもできるかもしれない!


とみなさんに思っていただけたらいいなと思っています。