世界を旅する くろねこフィルム【脱サラカメラマンYüka】

ビデオカメラ一つで世界中を旅しながら生きる。そんな新しい生き方を目指して2016年35歳で会社を辞めました。映像のお仕事でどうやって世界を旅して生きていくのか?その過程を書き残します。雇われ仕事にちょっと疲れちゃった人にも読んで欲しいな。立ち上がれ!30代フリーランス!が合言葉。

【自分のこと】今、考えていること

自称フリーランスになって半年が経ちました。

現在は早朝〜昼のバイトを火曜から金曜に、昼〜夕方のバイトを月曜・水曜・金曜にしながら自称フリーランス業をやっています。

 

食べるためのお金を稼ぐため、一時的に雇われをしています。だったらサラリーマンしながらでも良いじゃないかと言われちゃいますが、私にはサラリーマンは合わなかったようです。(13年勤めてやっと気が付きました)

 

よく「早朝から二つもバイトして、大変ね。サラリーマン辞めなきゃよかったんじゃない?」と言われますが、あの『命を削られる感覚』を感じながら働いてお給料をもらって生きて、死に向かうだけの暮らしに疑問を感じたのでサラリーマンという名の社畜から思い切って脱却したのです。

早朝からのバイトに加え夕方までまた別のバイトをするのは確かに大変ですが、両方とも自分がやりたいと思える仕事なので毎日クタクタですが、とても充実した毎日です。(お金はそれほどもらえませんが。)

 

だけど、やっぱり疲れちゃったりして帰って来てから自称フリーランス業ができないことも多いです。眠くなっちゃったり、寝る時間を優先させてしまったり。

でもそれでは今までと同じになってしまうので、ここに目標を書き込んで世間の皆様に監督してもらおうと思います。(まだ読んでくれている人は誰もいないだろうけど)

 

思いつき順で、

・自称フリーランス業をしっかり立ち上げる

(映像関係をやっていますが、挨拶で名刺渡すと「HP無いの?」と言われてしまうので)

・来年2月を目標に個人事業主の開業準備

・映像の仕事の比率(お金)を50%まで引き上げる

・編集スキルの向上&勉強

 

下記は勉強の目標

・英語力アップ

・ドイツ語の習得

・プログラミングを勉強する

不労所得を得られる状態を作る(投資信託ウェブマネーアフィリエイト等)

 

これらを2020年までに安定させる&スキルと言えるまで鍛える。(2020年には海外に行きたいのでどこでも仕事のできる状態にしたいのです。)

 

やる事はたくさんあるから、帰って来て「眠い」とか言っている場合では無い。家事も効率よくこなせるようにしなければ。

今話題のユーチューバーもプロブロガーも長年の努力と毎日の努力で現在の状態を手に入れたのだから、駆け出しの私はもっと頑張っていかないとね。

 

楽しみながら、生きていこうと思います。

 

【スポンサードリンク】

●運営者:Yüka●

笑顔を引き出す映像職人。
フリーランス2年生。
35歳で脱サラ。
なんのスキルもコネもないのにフリーランスの映像職人になりました。

●このサイトの考えかた●

最近「新しい働き方」が注目されています。若い世代はすでに適応し始めています。
その陰で戸惑っているのが私と同じ30代半ばからそれ以上の世代。
「どうせ若い世代だけの話でしょ?うちらはこのまま生きて行くしかないよね」と。

私がこのブログで伝えたいこと。それは

「生き方を変える」のは今からでも遅くないんです。

ということ。
私自身が35歳で安定した会社員生活を卒業し、
ずっとやりたかった映像制作のお仕事をフリーランスという形で始めています。
その様子をブログで綴りながら、

30代後半からでもできるかもしれない!


とみなさんに思っていただけたらいいなと思っています。