世界を旅する くろねこフィルム【脱サラカメラマンYüka】

ビデオカメラ一つで世界中を旅しながら生きる。そんな新しい生き方を目指して2016年35歳で会社を辞めました。映像のお仕事でどうやって世界を旅して生きていくのか?その過程を書き残します。雇われ仕事にちょっと疲れちゃった人にも読んで欲しいな。立ち上がれ!30代フリーランス!が合言葉。

【雑食な雑記】暮らしと気持ちが充実していれば朝もスッキリ起きられる説

f:id:kuronekofilm:20170711043615j:image

昨日のフリーランス映像部門のお仕事場所はリビングの窓の前に設置しました。リビングテーブルをサブデスクっぽく使えるのでなかなか良い場所かもしれません。相方とお昼を食べる時間になったらデスクをそのまま左側の壁に移動すればOK。お日様が明るくて気持ちいいです。

 

今朝は3:00起きの日だったのですが、なんと目が覚めたのは1:00過ぎ(笑)22:00前に寝たとはいえさすがに早すぎるので二度寝しました。

 

 

昨日はフリーランス映像部門のお仕事をしていました。と言っても午前中は家事をこなし、はてなブログを書いて終わっちゃったんですけどね。その後相方とお昼を食べて、海外ドラマを2話見てから映像部門をスタートしました。先日作った映像の最終仕上げだったのですが、2時間もかかってしまいました。テロップ入れはやっぱり時間がかかる…入れる場所や台本があるわけではないので「テープ起こし」(古いか 笑)的に、映像を見てセリフをテロップにして戻って確認して調整して次、という流れをやっていると10分くらいの映像でも時間がかかってしまうのです。

まだまだ未熟なだけでしょうけど(笑)

 

今朝はクライアントさんから返事が来ていて、いくつか修正をご指示いただきましたので雇われ部門(バイト)その1から戻って来たらやろうと思います。

 

こう考えると、雇われ(社畜)時代とは違って日々が充実しているような気がします。サラリーマン時代はこういう映像の仕事を受けるのがちょっと怖かったのです。サラリーマンの方にある程度「責任」ある仕事があったので、映像仕事に力を入れて翌日寝坊したり、寝不足で仕事のクオリティーを下げるわけにも行かないという制限を自分の中に作っていたんですね。

今はバイトなので、最悪の場合はお休みさせてもらえばなんとかなる(迷惑はかけるからできる限りしないけど…)ので映像仕事に集中できるのです。

早朝から昼に雇われ部門(バイト)して、帰って来てから映像部門をこなすスタイルも少しずつ定着して来ました。初めの頃は電車ですごく眠くなってましたが最近はブログを1つ書けるくらいは起きていられます(時々携帯を落としそうになるくらい突然落ちるけど 笑)。

 

こうやって生活が充実していると、早起きでもパッと目覚めるのかもしれません。昨日はブログを何本かストックできたし、映像仕事を仮納品できましたがパソコンを閉じたのはマイインターネットルール(寝る2時間前にはネットをやめる)を過ぎて20時過ぎでした。ベッドには21時半に入りましたが眠ったのは22時位でした。寝る前にストレッチもしましたが、目とか頭とか肩は疲れているから目覚めが悪いかもと思っていましたが、パチッと目を覚ましたのは1時過ぎ(笑)3時間しか寝ていませんが眠いとかダルいとかはありませんでした。時間的に二度寝しましたが、その後3時過ぎには目覚ましで起きました。2回目も眠いとかダルいとかはなかったです。

 

サラリーマン時代は日々仕事が終わらず(営業職にゴールや仕事の終わりは無いのでは?)、毎晩悶々としながら眠り、毎朝起きると「今日はあれをやって…」と終わりのない日々に生きている感じがしていました。だから毎日眠いしダルい。会社に行ってなんとか仕事をこなすけど、結局は終わらなくてまた悶々としながら眠る…その無限ループだったような気がします。

 

今も雇われ部門(バイト)があって寝坊できない恐怖感と戦いながら映像部門をこなす毎日ですが、体はクタクタでも気持ちが充実しているので毎日楽しいです。お金はギリギリの生活ですが(笑)早めに社畜の無限ループ(個人的感想です)から抜け出してよかったと思っています。

 

今日は帰りにムラスポさん寄ってスケボー見てから帰ろうかな?映像部門は寝るまでになんとかできる。自分の時間を自分でコントロールできるってすごく、いい。

●運営者:Yüka●

笑顔を引き出す映像職人。
フリーランス2年生。
35歳で脱サラ。
なんのスキルもコネもないのにフリーランスの映像職人になりました。

●このサイトの考えかた●

最近「新しい働き方」が注目されています。若い世代はすでに適応し始めています。
その陰で戸惑っているのが私と同じ30代半ばからそれ以上の世代。
「どうせ若い世代だけの話でしょ?うちらはこのまま生きて行くしかないよね」と。

私がこのブログで伝えたいこと。それは

「生き方を変える」のは今からでも遅くないんです。

ということ。
私自身が35歳で安定した会社員生活を卒業し、
ずっとやりたかった映像制作のお仕事をフリーランスという形で始めています。
その様子をブログで綴りながら、

30代後半からでもできるかもしれない!


とみなさんに思っていただけたらいいなと思っています。