世界を旅する くろねこフィルム【脱サラカメラマンYüka】

ビデオカメラ一つで世界中を旅しながら生きる。そんな新しい生き方を目指して2016年35歳で会社を辞めました。映像のお仕事でどうやって世界を旅して生きていくのか?その過程を書き残します。雇われ仕事にちょっと疲れちゃった人にも読んで欲しいな。立ち上がれ!30代フリーランス!が合言葉。

【自称フリーランス】秘密の『老後の蓄え』(セゾン投信)

自称フリーランスになって自由を得てストレスからも開放されましたが一つだけ不安なことがあります。

 

それはお金。

 

 

まだまだ映像部門の収入が安定せず、フリーランスの雇われ(バイト)部門での収入がサラリーマン時代の半分になってしまったため日々の暮らしだけでも精一杯なのです。これはこれでサバイバル感覚で刺激的なのですが(笑)

パートナーはいますが、子供がいないため将来的には老夫婦だけで生きていかなくてはなりません。とにかく死ぬまで住める場所だけは確保しようということで現在の住まいを買いました(10年以上前にパートナーがね)。ローンは大変ですが家賃を払って将来的に出て行かなくてはならない住まいより、最終的には自分達の物になる住まいの方が安心だと判断しました。ローンを返し終われば人に貸して、我々は田舎のボロ家にでも引越しつつ家賃収入で生きていくのも手です。投資用としてもキープし続けたいと思います。

それとは別に、これは計画すらまだ完成していませんが「シニアのシェアハウス&子供食堂&保護イヌネコカフェ」を考えています。自分達が孤独死しないための予防策ですね(笑)

 

とにかく家は確保(仮)できましたが、生活するためのお金が必要です。サラリーマンを辞めてしまったので大きな退職金や会社の年金はもらえません。体が続く限りは働くつもりですが雇われは年齢制限もあるのでいつまでできるかわかりません。フリーランス仕事を軌道に乗せておこうと思います。映像しかり、ライティングしかり。

 

さらに、隠し財産として生命保険の解約返戻金とセゾン投信で積み立て投資しています。本当にコツコツですが・・・生命保険は20代前半から積み立てているので結構貯まってます。保険屋さんがつぶれない限りはそのまま大切に積み立てていきます。もう一つのセゾン投信さんは昨年から始めたばかりで、月に1万円ずつコツコツ積み立てです。毎月評価損益が変わりますが、最初の頃は落ち込んでいくばかりだったので定期預金的な感じでほったらかしにしていました。

それが最近チラッと見てみたら・・・

f:id:kuronekofilm:20170605184006j:plain

 

18,010円もプラスが出てる!!

 

もし積み立てが一桁多ければ18万もプラスってことね。二桁多けれ・・・

と夢を見てしまいますが、意外と伸びる時は伸びるのね。(もちろんマイナスになることもあるけど)

 

コツコツ貯金をするようなつもりで貯めておいて、本当に必要になったら解約したいと思います。できる限り老後まで残したいな。しかもプラスで帰ってくると良いな。

経済のことはちょっとしか分かりませんが、世の中の情勢でプラスにもマイナスにもなってしまう投資信託。落ち着いたらもうちょっと勉強してみたいと思います。

 

 

●運営者:Yüka●

笑顔を引き出す映像職人。
フリーランス2年生。
35歳で脱サラ。
なんのスキルもコネもないのにフリーランスの映像職人になりました。

●このサイトの考えかた●

最近「新しい働き方」が注目されています。若い世代はすでに適応し始めています。
その陰で戸惑っているのが私と同じ30代半ばからそれ以上の世代。
「どうせ若い世代だけの話でしょ?うちらはこのまま生きて行くしかないよね」と。

私がこのブログで伝えたいこと。それは

「生き方を変える」のは今からでも遅くないんです。

ということ。
私自身が35歳で安定した会社員生活を卒業し、
ずっとやりたかった映像制作のお仕事をフリーランスという形で始めています。
その様子をブログで綴りながら、

30代後半からでもできるかもしれない!


とみなさんに思っていただけたらいいなと思っています。